スポーツ報知

マガジン報知 >> 報知高校野球

定期購読のお申込み バックナンバーのお申込み

報知高校野球

報知高校野球01月号表紙イメージ

2015年―№1(1月号、12月1日発売 定価870円)

第87回センバツ出場32校を探る

 第87回センバツ大会(2015年3月21日から12日間・甲子園)出場への、重要な参考資料となる秋季地区大会が終了。そして、仙台育英が明治神宮大会を2年ぶりに制し、東北地区に明治神宮大会枠を持ち帰りました。出場32校(一般枠28、明治神宮大会枠1、21世紀枠3)を決める選考委員会は2015年1月23日、毎日新聞大阪本社で開かれます。
本誌は全10地区大会に密着し、各校の戦いぶりをリポート。32枚のプラチナチケットの行方を占いました。また、惜しくも秋は負けたけれど、これからが楽しみな選手、チームも特集。春が待ちきれなくなる一冊です。

定価870円 2015年-NO.1「1月号」を購入する

今号の注目記事

☆14年秋季地区大会

 10地区の熱戦を大迫力のグラビアと詳細なリポートで振り返りました。今年は準々決勝以降のテーブル(個人成績)を掲載。どの選手がどんな活躍をしたのかが、ひと目でわかります。写真もたっぷり用意しましたので、お楽しみください。毎年恒例、地区大会出場メンバー表には身長、体重、投打のデータも追加しました! 担当記者が選んだ大会MVPは、高橋純平(県岐阜商)/宇草孔基(常総学院)/池田陵太(奈良大付)/松下且興(九州学院)/松本皓(早稲田実)/鎌仲純平(北海)/杉内洸貴(今治西)/佐藤将太(仙台育英)/平沼翔太(敦賀気比)/上西嵐満(宇部鴻城)

☆速報! 明治神宮大会

 地区優勝校が集結した〝プレセンバツ〟の模様をリポート。2年ぶり2度目の頂点に立った仙台育英・佐々木監督をはじめ10地区の監督コメント、全9試合のテーブルから、来春が見えてきます。

☆初出場&お久しぶり

 秋の地区大会初出場、または10年以上の空白を経て〝復活〟した チームをパチリ! 29校にそれぞれのドラマがありました。持ち帰った財産は、夏浮上の大事なキーになるはずです。

☆フォームチェック

 スポーツ報知評論家・鹿取義隆と、駒田徳広氏による連続写真分析。投手は高橋佑樹(川越東)、野手は広岡大志(智弁学園)

☆本誌特選! 期待の逸材たち

 今後の活躍が期待される選手、チームを集めました。毎年恒例の投手、野手一覧表も合わせてどうぞ。この中から、来シーズンを沸かせる球児が出てきますから、ぜひ名前を覚えておいて! チームは柳ヶ浦、自由ケ丘を率いた末次秀樹監督が新天地に選んだ真颯館(福岡)をチェック。

☆2014ドラフト

 済美・安楽投手は楽天、前橋育英・高橋投手は西武に決定。今年度のドラフト、育成ドラフト指名選手を一挙掲載。かつて甲子園を沸かせたあの球児も、ついに次の一歩を踏み出します。

☆めざせ! 甲子園 少年野球スペシャル

 ボーイズ、シニア、ヤング、ポニーの各連盟から4チームを紹介。越谷ボーイズ(ボーイズ)/京都丹後シニア(シニア)/南国マリナーズ(ヤング)/京都ポニー(ポニー)

☆各連載も充実

 「私の高校野球」は14年センバツ準優勝の履正社(大阪)・岡田龍生監督が登場。小さな野球部からスタートした、岡田監督の高校野球人生をたっぷりと。「選手のための野球食研究」は、故障の回復と防止に役立つ食事について。レシピはこの時期ピッタリの簡単、おいしい鍋です。「アンジャッシュ 渡部建の感動ごちそうさま!!」は今回からリニューアル。「人力高校野球観戦部のやめられない 止まらない」とタイトルを変え、人力高校野球観戦部メンバーに全国各地のさまざまな話題をリポートしてもらいます。次はあなたの街の、あの球場にお邪魔するかもしれません。

☆次号予告

15年3月号(2月上旬発売予定)センバツ選手名鑑・展望+α

 次号はセンバツ出場校名鑑。32校の素顔をいち早く、読者のみなさまにお届けします。戦力分析はもちろん「へえ、そんなことが」「あんなこともあるの?」といった話題もたっぷり用意すべく、担当記者が駆けずり回ってきます! さらに晴れの代表校だけでなく、夏を目指して走り始めた選手、チームも情報も。15年のシーズンが始まる3月が、待ちきれなくなる一冊に仕上げますのでお楽しみに。

この商品を購入する

報知高校野球 2015年-NO.1「1月号」 870円

お問合せはこちら

報知新聞社
ビジネス推進局出版部
〒108-8485
東京都港区港南4-6-49

電話:03-5479-1285

(受付時間:月~金10:00~17:00)

リンク